思い立ったらブログ書こう。

中途半端なこだわりと思い込みでバス釣りに生きてるアラフィフおやじのブログ

【信釣乞記】バス釣り奇行(5) ’21.07.21 渡良瀬川 夏の釣りを冷感スプレーと虫よけで乗り切ろう

バス釣り奇行 渡良瀬川

「物事は9割が準備段階で決まるだなんて誰が言ったんだろう。残りの1割に当たる確率やいかに」

 

こんにちは。ポンコツOJです。

 

梅雨が明けてからというもの、暑い日々が続いている。

こう暑くては食欲も減退しがち。

こんな時はさっぱりしたそうめんが食べたくなる。それも「流しそうめん」だったら最高ではないだろうか。鍋焼きうどんとか論外だ。

 

魚も同じである。

どんよりとした「水溜まり」より、清らかなる「清流」の方がいいに決まっている。

 

今回の釣行地はそんなわけで決まった。

渡良瀬川」に。

そうとなれば、川の防災情報を元に川の水位を事前にチェックだ。 

減水傾向ではあるが、もう少し水位が下がったほうが良い気もする...

少々の不安もよそに決行する。

*

令和3年7月21日(水) 

いつもそうなのだが、水を見ると焦ってしまう。早く準備して糸を垂れたい。釣り人なら誰でも皆そうではないだろうか。

しかし落ち着け、自分。

準備を怠ったら、楽しいはずの釣りが台無しになっちゃうじゃないか... 

アウドドアボディスプレー
冷感スプレー

夏のアウトドアを快適に過ごす為に。必要なのは気合いなんかじゃない。

必要なのは「虫よけ」スプレーと「冷感」スプレーなのである。

特にブヨには注意したいところだ。刺されるとすごく痒い。ホント痒い。その痒みが何日も続くのだ。何日も。刺されたことがある人なら分かると思う。

この「アウトドアボディスプレー」にはブヨが嫌がると言われている「ハッカ油」(セイヨウハッカ油)が含まれているので、夏の釣りにはいつも携帯している。

これからの時期、キャンプやバーベキューなどのシーンにも、だまって携帯しとけ、と声を大にして言いたい。いや叫びたい。

パフェクトポーション(perfectpotion) アウトドアボディスプレー エクストラ125ml(リニューアル品)

 

そして「冷感スプレー」だ。

最近じゃ暑さ対策に「ネッククーラー」なる首から下げるクーリングファンが多く出回っている。ポンコツOJは使ったことは無いが、興味はある。しかしバス釣りともなると話は別だ。何度も何度も、そう何度も竿を振りルアーを操作し、リールを巻き、あわよくば魚が掛かれば取り込みしなくちゃならない。

そんな時に首でブラブラされたら気になっちゃうではないか。

だから「冷感スプレー

コイツを脇の下、背中、太もも...etc に吹き付ければかなりヒンヤリする。

アイスノン シャツミスト エキストラミントの香り 300ml

 

ただし、だ。

お腹には使わない方がイイ。腹が緩い人は使っちゃダメ。冷え過ぎてトイレ行きたくなるから。実は釣りに行ったとき一番怖いのがこれ。経験者は語るのである。ホントやだ。

 

モノ事は準備の段階で9割が決まる」とは誰が言ったかは知らないが、これで心置きなく釣りに集中できるというものだ。 

カワスペとバリウスF200

久々の流れ川の為に専用タックルをセレクト、なのである

 

まずは最初のポイント。水路が本流に流れ込んでいる所。事前にグーグルマップで調べておいたのだ。 

午後5時30分スタートフィッシング!

渡良瀬川 ポイントA流れ込み

しかし流れ込みの水路自体が思いのほか浅かった。

考えが浅はかだった。

 

移動。本流とつながりワンド状になっている所。

渡良瀬川 ポイントBワンド

減水中は、魚は沖に出る傾向がある。よって今回はあまり期待はできない。

 ...と思っていたら、突然魚が飛びついてきた!

 

「どうせここにはいねぇ」

 そう思いこんでいた体は、思うように動いてはくれなかった。

 

小さかったから、別にいいんだと言い聞かせ、移動。 

渡良瀬川 ポイントCテトラ帯

ここはテトラポッド帯... のはずが、一部しか露出していなかった。水位がまだ高かったようだ。 

 

しかし時刻は絶好の夕まずめ。よく釣れると言われる時間帯である。

PDLバズベイト

あとは... これでいく。

 

PDLバズ」である。

 

プロデザインルアーの冠を掲げたバズベイト。

これらプロペラ付きルアーの欠点として、藻やゴミが絡まりやすいという点がある。

それを独特の形状によって解消している。

...のだが、そのためなのかどうなのか、プロペラの回転がとても悪かった。

このルアーをググってもなかなかヒットしない点からもそんなルアーだったのかもしれない。それでも幾度となく機会を与えるうちに徐々に欠点を克服、いつしか釣れるルアーに変貌していった。

 

所々メッキが剥がれたプロペラ。

これが彼のこれ迄の功績を物語っているのである。

 

いつでも使い続ける。

いつまでも引き続ける。

きっと応えてくれるだろう。

数々の修羅場をくぐり抜けてきた彼だから、と。

 

...

 

渡良瀬川の夕暮れ

本日もまた、終演の時刻を迎えた。

なんて綺麗な夕焼けなのだろう。

遠くに見える水門越しに、いつまでもいつまでも、ただ眺め続けるだけだった。

 

 

 

 

...最後にポツリとつぶやいた。

 

残り1割に当たっちゃった ...と。

 

最後までお読みくださり ありがとうございました。

当ブログに興味など湧きましたら、ぜひ読者登録していただければ嬉しくて励みになります。よろしくお願いいたします。